実践した「辞書、本、教材、ツール」




私が今までに実際に利用した&利用している英語学習のための辞書、本、教材、ツールなどをいくつかご紹介します。

この他にもありますが、たくさんあり過ぎて載せきれないので、代表的なものだけをここに書いておきます。

英語教材など 内容
辞書 ・英和辞典は、ネットを利用することが多いですが、紙の辞書としてはEゲイト(ベネッセ)を持っています。シンプルながらコアイメージをイラストで表示してあり、わかりやすいです。
・英英辞典は、LONGMANのCD-ROM版を持っています。ですが、たいていインターネットを利用しているので利用頻度は少ないです。
・インターネットでよく利用するのは、アルク、weblio、MACMILLANです。アルクとweblioは定番ですね。MACMILLANは、同義語を調べるのに役立ちます。
・高山英士さんの「ALL IN ONE」。英語の基礎力をアップするのによいです。TOEICや大学の受験をする人の補助教材としておすすめ。
・森沢洋介さんの「どんどん話すための瞬間英作文トレーニング」。中学程度の簡単な英作文を練習するためのものです。自分の覚えたいフレーズをこの方法で実践するとより早く話せるようになります。
・大西泰斗さんの「みるみる身につく! イメージ英語革命」。大西さんの本はとにかくわかりやすいです。テレビ番組などにも何度も出演されていて、それも録画しています。
英会話 ・英会話については、地元にある勉強会に参加したり、ネィティブの大学生に直接教わったりしました。やはり、一人で学ぶだけでなく、会話する相手があると英会話の上達は早いと思います。
学習方法 ・DVDを利用した英語学習をやっています。最初は日本語字幕+英語音声で見て内容を理解。その後に英語字幕+英語音声で見て、内容を理解します。最後に、英語音声だけで見ます。何度もDVDを見ることで、フレーズも覚えられます。
スマホ ・単語を覚えるのにスマホ(iphone)を利用しています。「えいたま」や「えいぽんたん」などのアプリは無料ですが、楽しみながら英単語を学べます。基礎的な単語力の向上に使えるかと思います。
英語教材 ・サマー・レインさんの英語教材『プライムイングリッシュ』。レビューはこちら








健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.