alwaysとat all timesの違い

Posted on 2012年8月30日 By




alwaysの意味は

「いつも、常に、永遠に」

という意味です。

He always gets up at six.
彼はいつも6時に起きます。

at all timesの意味は

「いつも、常に」

He speaks first at all times.
彼はいつも最初にしゃべる。

alwaysとat all timesの違いですが、alwaysにはいろいろな意味があります。

つまり、always>at all timesです。

alwaysの意味をMacmillanで調べると

on every occasion
あらゆる機会で(いつも)

all the time
その間ずっと

for all time in the past
過去のすべての時に

used for saying that something happens often, especially when this annoys you
何かが度々起こることを言うために使われる、特にこれが人を悩ます時。

となっています。

at all timesは、「いつも」という意味だけです。

違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.