call atとcall in とcall onの違い

Posted on 2017年1月23日 By




call atの意味は

「を訪ねる」

です。

He called at London.
彼はロンドンを訪ねた。

call inの意味は

「呼び入れる、求める、回収する、立ち寄る」

です。

I called in at his house.
私は彼の家に立ち寄った。

call onの意味は

「を訪ねる、を頼む」

です。

She called on her mother.
彼女は母親を訪ねた。

call atとcall in とcall onの違いですが、後ろに続く前置詞の違いが意味の違いを生み出します。

atの後ろには場所が来ます。つまりcall atなら場所を訪ねるという意味となります。

inは、中にという意味なので「中に呼び入れる」という意味となります。訪ねるという意味だと、訪問というよりも立ち寄ったという感じになります。

onは、「上に、接して」という意味です。called onを直訳すると「(人)に接触して訪ねる」となり、人を訪問するという意味になります。

使い方としては、家を訪問するならcall at、家に立ち寄るならcall in (at)、人を訪問するならcall onを使います。

違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.