Could you ~ ?とWould you ~?の違い

Posted on 2013年5月15日 By




何かを依頼する時にする表現で、

“Could you ~ ?”と”Would you ~ ?”があります。

例えば、

“Could you open the door ?”

“Would you open the door ?”

どちらも日本語にすると

「そのドアを開けてくれませんか?」

となります。

その違いについてです。

一般には、couldを使う方がwouldより丁寧だと教わります。

確かにそうなのですが、ニュアンスとしては、

Couldを使うと

「~するのは大変だと思いますが、可能でしょうか?」

という感じです。

Wouldを使うと

「~するつもり(意思)がありますか?」

です。

要するにcouldの場合は相手に可能かどうかを尋ねているので、配慮がうかがえるんです。だから、丁寧に聞こえます。

一方、wouldは、意思があるかどうかをへりくだって尋ねているんです。だから、配慮はないです。

だから何かを依頼する時は、couldを使ったほうがよいでしょうね。

そして、wouldは目上の人に相手の意思を確認する場合などに使うのが適当です。





違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.