deliciousとgoodとyummyの違い

Posted on 2017年7月10日 By




deliciousの意味は

「とてもおいしい、とても気持ちが良い」

です。

This cake is very delicious.
このケーキはとても美味しい。

goodのコアの意味は

「評価が高い」

です。

「評価が高い」⇒上等

His shoes is good.
彼の靴は上等です。

「評価が高い」⇒健康な

I feel good.
私は体調がいいです。

「評価が高い」⇒美味しい、新鮮案

The cake is very good.
そのケーキはとても美味しい。

yummyの意味は

「おいしい」

です。

I want to eat a yummy breakfast.
私はおいしい朝食を食べたい

deliciousとgoodとyummyの違いですが、

deliciousは、嬉しく感じるほど美味しいという意味です。どちらかというと堅い言葉です。
goodは、評価が高いという意味なら何にでも使える万能的な単語で、食べ物に使うと美味しいという意味になります。deliciousに比べると口語的です。

yummyは、おいしいという意味ですが子供が使うことが多く、「おいちい」という感じに聞こえてしまいます。

日本語にすると、

レストランなどでシェフに対して料理が美味しいと言うならdeliciousを使い、友人同士とか気の置けない関係の間で食事が美味しいというならgoodを使い、子供がおいしいと言う場合、また大人がちょっとふざけておいしいというなら、yummyを使います。





違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.