go toとgo forとgo onの違い

Posted on 2016年2月10日 By




go toの意味は

「~に行く」

です。

I go to school.
私は学校へ通っている。

go forの意味は

「~に向かって行く、を呼びに行く、が好き」

です。

She went for her father.
彼女は彼女の父親を呼びにいった。

go onの意味は

「進む、移る、し続ける、起こる」

です。

He went on a trip.
彼は旅行に行った。

go toとgo forとgo onの違いですが、違いは前置詞のto、for、onがどのような意味を持っているかに依存しています。細かく見ていくと、なかなか深いです。

toのコアイメージは、「向き合って、向いて」です。

場所や時間、変化、目的などの到着点を示します。

forのコアイメージは、「に向かって」です。

方向、目的、利益、関係、理由、根拠などに向かって行くことを示します。

onのコアイメージは、「に接して」です。

位置、着用、依存、時間などに関わっていることを示します。

I go to the store.
私はその店に行く(単に店に行く)

I go for the store.
私はその店に向かって行く(店にならかの目的があり、そのために行く)

I go on the store.
私はその店に関わって行く(店に対して関係を保ちながら進んでいく)

最後の go onは、わかりにくいかもしれません。単に店に行くという時は、go to the storeを使いますから。

例えば、RPGゲームなどをしていて、ゲーム内の店に行くという時に、go on the storeというような言い方をします。これは、自分が店に行くわけではなく、単にゲームの中でキャラクターが店に行くので、店に関わるという意味でgo onを使ったりします。

ゲームの中で店に行くのは、自分ではないですからね^^。





違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.