It will rain と It could rain の違い

Posted on 2018年8月9日 By




It will rain の意味は

「雨が降るだろう」

です。

It could rain の意味は

「雨が降る可能性があるだろう」

です。

It will rain と It could rain の違いですが、この2つの文の違いは、willとcouldの違いです。

willのコアの意味は

「あることに対して、意志があることを示す」

です。

couldの意味は、

「することができた、してもいいか、することができたら、ということもありうる」

です。

過去の能力、可能性、願望などを表します。

It will rain は、willを使っていて意志があることを示しているため、雨が降る可能性としてはかなり高いことを示しています。

一方、It could rain は、遠回しの推量となっていて場合によっては雨が降ることもありうるという意味になります。

ここでのItは天候を左右する神様や自然です。

なので、

It will rain.
雨は降るだろう(自然はその意志をもって雨を降らせるだろう、その可能性は高い)

It could rain.
雨が降る可能性があるだろう(自然は雨を降らせることができる能力があるから、場合によっては雨が降ることもある、その可能性はそれほど高くない)


違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.