makeとcreateの違い

Posted on 2012年6月17日 By




makeのコアイメージは

「(材料に手を加えて)何かを作る」

です。

いろいろな意味があります。具体的に物を作ったり、ものごとや状態を作り出したりします。

(材料に手を加えて)何かを作る⇒(料理を)作る

She made a cake.
彼女はケーキを作った

(材料に手を加えて)何かを作る⇒(準備された状態)を作る⇒用意する

He made some tea for us.
彼は私達にコーヒーを用意した。

(材料に手を加えて)何かを作る⇒(ある行為)を作る⇒をする

We made mistakes sometimes.
私達は時々、ミスをする

createのコアイメージは

「を創造する」

です。

makeとcreateの違いですが、

makeは

to create or produce something by working
作用することによって何かを創造したり生み出すこと

createは

to make something start to exist or happen
存在させたり、起こすために何かをスタートさせること

です。

違いはmakeが作るという一般的な意味なのに対して、createは、今までになかったものを新たに作り出すということです。

She made the doll.
彼女は(材料などを使うことで)人形を作った。

She created the doll.
彼女は(今までになかった)人形(というもの)を作った。

かなりニュアンスが違いますね。





違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.