materialとsubstanceとmatterの違い

Posted on 2018年11月7日 By




materialの意味は

「原料、生地、資料、物質の、肉体的な、物質的な」

です。

We have need material for cooking.
私達は料理の材料が必用です。

substanceの意味は

「物質、本質、実体、中身」

です。

Stone is a firm substance.
石は硬い物質です。

matterの意味は

「事柄、問題、困ったこと、物質、重要性、郵便物、重要である、問題である」

です。

Matter has three different states.
物質は3つの異なる状態を持つ。

materialとsubstanceとmatterの違いですが、

materialは、名詞の場合、物質を構成するための元になる物のことです。substanceの意味で使われる場合には、特別な物質という意味になります。

substanceは、物を構成する実質的な内容の質のことで、科学的な意味での物質です。例えば、木とか水とか石とか。

matterは、質量があ空間を占める体積がある物のことです。なので観察できる物はすべてmattterになります。


違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.