notとnoの違い

Posted on 2017年8月1日 By




notのコアの意味は

「…ないという意味で文や語句が表す内容を否定する」

です。

He does not a book.
彼は本を持っていない。

There is a book on the desk.
その机の上に本はない。

noの意味は

「いいえ、1つの…もない、まったく…でない、否定、拒否」

です。

He has no sister.
彼は姉妹がいない。

“Are you a student?” “No.”
「あなたは学生ですから?」「いいえ」

notとnoの違いについて。

意味は元々違いますが、使い方によって似たような意味になります。

There is no apple.

There is not an apple.

どちらも、「りんごはない」という意味になります。

しかし、前者は「りんごは全くない、1個もない」というニュアンスなので、りんごがないことが強調されます。

一方、後者は単に「りんごはない」というニュアンスです。

同様に、

no goodは、「全く良くない」という意味となり、not good なら「良くない」という意味になります。

noを使った方が、否定がより強調されるということです。





違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.