sameとequalとsimilarとidenticalの違い

Posted on 2016年2月23日 By




sameの意味は

「同じ、同一の、同様の、同じ事、同じように」

です。

He game me the same present last year.
彼は挙ねと同じプレゼントを私にくれた。

equalの意味は

「等しい、平等な、同等の人、に等しい」

です。

People are equal.
人は平等だ。

similarの意味は

「同じような、似通った」

です。

His opinion is similar to mine.
彼の意見は、私の同じようなものです。

identicalの意味は

「同一の、糖の、等しい」

です。

This car is identical with that one.
この車は、あの車とそっくりです。

sameとequalとsimilarとidenticalの違いですが、

sameは、同じ物または、違うものだが内容や見かけが同じということです(theを伴って使います)。

eaualは、同じではないが、見た目や量、価値などが同じということです。

similarは、種類が同じで見た目や性質が似ていることです。

identicalは、同じ物また、違う物だが、内容や質、見かけが同じことです。

毎日同じ時間に起きるならsameを使い、背の高さが同じ(等しい)というならequalを使い、いとこと似ている服を着ているというならsimilarを使い、写真に写った男性が本人とまったく同じというならidenticalを使います。

sameとidenticalはかなり似ていて置き換えてもほとんど問題ないですが、sameに比べるとidenticalは、硬い表現です。なので、indenticalは仕事とか公で使われることが多いです。

まとめると

sameとidenticalは、全く同じもの、または同じではないが見かけや中身が同じ(sameは一般的で、identicalは硬い表現)。

eaualは、同じではないが、量や価値がが同じ。

similarは、同じではないが、種類が同じで見かけや中身が似ている。

*sameとequalの違いはここの説明がわかりやすいかも

http://blogs.edweek.org/teachers/unwrapping_the_gifted/2013/08/same_and_equal_are_not_congrue.html





違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.