sayとutterの違い

Posted on 2012年8月19日 By




sayのコアイメージは

「ある内容を(口頭や文字で)言う」

です。

He says hello to meevery day.
彼は毎日、ハローと私に言う。

Macmillanで調べると

to express something using words
言葉を使って何かを表現すること

となっています。

utterの意味は

「を言う(発する)」

です。

He could not utter a word.
彼は一言も発することができなかった。

Macmillanで調べると

to say something
何かを言うこと

です。

sayとutterの違いですが、

sayは言葉を使って意味のあることを言うのに対し、utterは何かを言うことであり、必ずしも意味があるとは限りません。またsayに比べるとutterの方が堅い表現です。





違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.