soreとachyとpainfulの違い

Posted on 2013年1月4日 By




soreの意味は

「痛い、ひりひりする、起こった、傷」

です。

I have a sore hand.
私は手が痛い。

Macmillanでsoreの意味を調べると

painful and uncomfortable, usually as a result of an injury, infection, or too much exercise
痛くて、気分がよくない、通常は、怪我、感染、あるいは、運動のし過ぎの結果として

です。

achyの意味は

「痛い」

です。

My father has an achy back.
私の父は背中が痛い。

Macmillanでachyの意味を調べると

if a part of your body feels achy, you feel a pain there that is continuous but not very strong
あなたの身体の一部がachyを感じるならば、あなたは、強くはないが連続的な痛みを感じている

です。

painfulの意味は

「痛い、苦痛を感じる、苦しい」

です。

That was a painful experience.
あれは、苦しい経験だった。

Macmillanでpainfulの意味を調べると

if part of your body is painful, you feel pain there
あなたの身体の部分がpainfulならば、あなたは、痛みを感じる

making you feel physical pain
物理的な痛みを感じさせること

です。

soreとachyとpainfulの違いですが、

soreは、感情を害するような痛みのことです。achyは、断続的に痛む痛みです。painfulは、身体が不快になったり、苦しみを生じるような痛みです。soreとpainfulは似ていますが、soreは、直接的な痛みというよりも炎症など刺激を受けて痛む場合に使われます。

違いを比較


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.