withoutとexceptの違い

Posted on 2017年4月10日 By




withoutのコアの意味は、

「を持たないで、しないで」

です。

「を持たないで、しないで」⇒~なしで

I went to school without my umbrella.
私は傘を持たずに学校に行った。

「を持たないで、しないで」⇒~しないで

He left without saying goodbye.
彼はさよならも言わずに出て行った。

「を持たないで、しないで」⇒外側

Water is supplied from withtout.
水は外から供給されている。

exceptの意味は、

「を除いて、~以外、~の他は」

です。

Everyone except me liked Tom.
私以外のみんなはトムが好きだった。

withoutとexceptの違いですが、そもそも意味が違います。

We can’t live without food.
私達は食べ物なしで生きれない。

We can’t live except food.
私達は食べ物を除いて生きれない。

前者は意味がわかりますが、後者は意味がおかしくなっています。なぜなら、we(=人)なのに対して、food(=人ではない)からです。

例えば、下の文章を

We can’t live except him.
私達は彼以外生きれない。

このようにすると、彼以外は何らかの理由により生きれないという意味となり、意味が通じます。





違いを比較


健康人

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.