mirrorとreflectの違い

Posted on 2018年5月20日 By




mirrorの意味は

「鏡、を映す、反射する、を反映する」

です。

The lake mirrored the mountain.
湖は、その山を映し出した。

reflecetの意味は

「を反射する、を映す、をよく考える、反射する、よく考える、影響を及ぼす」

です。

The water reflected the flowers.
水が花を映し出した。

mirrorとreflectの違いですが、mirrorは、鏡のように忠実にありのままに映し出すという意味です。

一方、reflectは語源が向きをそらすということで、そこから反映するとか反射するという意味になりますが、ありのままにというよりも、向きを変えるということに重きを置いています。

The glass reflected her.
そのガラスは彼女を映し出した(反射したことが強調される)。

The glass mirroerd her.
そのガラスは彼女を(鏡のように忠実に)映し出した(忠実に映し出すことが強調される)。


違いを比較


健康人  格安simの比較で疲れてる?

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.